絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » アトピー

アトピー

アトピーで
おすすめの美容皮膚科3選

ここでは、アトピー治療で評判の美容皮膚科とアトピーの治療方法や料金についてくわしく紹介しています。

【岡田佳子医院】

ステロイドを使いたくない人におすすすめ!効果が高く保険適用の「ナローバンド」治療

岡田佳子医院

引用元:岡田佳子医院
URL:http://www.okada-keiko.com/

診療時間

保険診療時間
月・水・木・金/15:00~18:30 水/11:00~12:30
土/10:00~12:30
自費診療時間
月・水・木/11:00~14:00・15:00~20:00 金/15:00~20:00
土/9:00~17:00
休診日
火・日・祝日

住所

京都都市下京区室町通四条下ル鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸5F

ステロイドを使いたくない人におすすすめ!効果が高く保険適用の「ナローバンド」治療

アトピー治療の特徴

岡田佳子医院ではアトピー性皮フ炎の治療に真剣に取り組んでおり、アトピー性皮フ炎に大変効果があるとされる「ナローバンド治療」も導入しています。ナローバンドは、311~313nmの狭い波長巾を用いる光治療機。アトピー性皮膚炎をはじめ、乾癬や白斑、掌蹠膿疱症などの治療にも使われます。かゆみや赤みを抑制する波長だけを使っているため、1ヶ所1分で当てられて、副作用はほとんどナシ。それでいて、しっかりと赤み・かゆみを和らげてくれます。飲み薬や塗り薬を減らしたりすることができるのもメリット。ステロイド外用剤をあまり塗りたくない方、保険適応のある治療をしたい方などにおすすめです。ちなみにナローバンドの他にも、ソフトレーザーや漢方治療など幅広い治療に対応しています。

アトピー治療費用

ナローバンド 1回/1,020円
ソフトレーザー 1回/1,000円

岡田佳子医院の
公式サイトをチェック!

【まつもと皮膚科】

外用薬はもちろん内服薬も補助的に使用可能

まつもと皮膚科

引用元:まつもと皮膚科
URL:http://www.matsumoto-hifuka-clinic.com/

診療時間

9:00~13:00、15:00~18:30
休診日
木曜午後・日・祝

住所

京都府福知山市字天田駅前町221‐1

外用薬はもちろん内服薬も補助的に使用可能

アトピー治療の特徴

一般皮膚科、美容皮膚科、形成外科と3つの分野の診療を行なっている「まつもと皮膚科クリニック」。アトピー性皮膚炎で訪れる場合は、一般皮膚科で診療を受けることになるようです。診療の内容としては、患者さんお肌の状態をしっかりと診察し、その時その時の状態によって、最善の治療を提案してくれます。外用薬だけではなく、内服薬も補助的に使用が可能とのことなので、まずは気軽に相談に訪れてみるとよいでしょう。ちなみに、院内はバリアフリー設計になっているそうで患者さん目線のサービスを心掛けている、良心的なクリニックです。

アトピー治療費用

料金についての詳細はホームページに記載無し。

まつもと皮膚科の
公式サイトをチェック!

【あいこ皮フ科クリニック】

アトピー治療に漢方外来や栄養療法も用意

あいこ皮フ科クリニック

引用元:あいこ皮フ科クリニック
URL:http://aiko-hifuka-clinic.com/

診療時間

月・火・木・金/10:00~19:00 土/10:00~17:00
休診日
水曜・日曜・祝日

住所

京都市下京区四条富小路西入る立売東町14イシズミ本社ビル5階

アトピー治療に漢方外来や栄養療法も用意

アトピー治療の特徴

ステロイドや保湿剤を使ったスタンダードな治療から、漢方外来、サプリメント外来、栄養療法など、幅広いアプローチでアトピー性皮膚炎に向き合ってくれる「あいこ皮フ科クリニック」。体質や病状、その時その時の肌の状態などによって、最適な治療方法やケアの仕方を提案してくれます。たとえば漢方外来の場合、一人ひとりにしっかりと時間をかけて経過などを問診し、丁寧な診察を実施。普段のスキンケアや食事の内容、日常生活の過ごし方といったアドバイスと合わせて、肌だけでなく体全体のバランスを重視して診てくれます。症状や希望によっては、漢方薬だけでなく西洋医学の薬や医療用サプリメントなどを併用するケースもあるようです。

アトピー治療費用

料金についての詳細はホームページに記載が無し。

あいこ皮フ科クリニックの
公式サイトをチェック!

美容皮膚科のアトピー治療のメリット・デメリット

メリット

アトピーの治療は、日本皮膚科学会で定期的に治療方針を見直し、ガイドラインを更新していますので、美容皮膚科で専門的な治療を受けることには、大きなメリットがあります。

まずは、前述した通りガイドラインに則った最新の情報を元に治療を受けられるという点です。

アトピー肌のケアや改善方法については、大まかな知識があるという人は多く、例えば刺激の少ないケア用品を使用する、保湿をしっかり行うといったこと挙げられ、実際に実行している人も多いと思います。

しかし、重度のアトピーを患っている人は、症状のひどい部分に薬を塗布したり、抗アレルギー薬を服用して症状を抑えるなどといった処置が必要です。

薬は自分で購入できるものはほとんどないため、医師の処方が必要となるのはもちろんですが、同じ抗アレルギー薬でも薬の強さに違いがありますので、その人に合った薬を選ぶんはやはり医師の診察と正しい判断が重要になります。

こうした点から、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は、ぜひ一度美容皮膚科での治療を受けてみることをおすすめします。

そのほかにも、アトピーの治療は保険適用内で行えるものが多いため、保湿剤や薬などを比較的安価で購入できるというメリットもあります。

無添加の保湿剤を愛用している人も多いと思いますが、無添加やオーガニックのケア用品は意外と価格帯が高めなのがネックですよね。

医師に処方してもらう保湿剤であれば、その症状に合わせて安心して使用できますし、市販のものよりも安価で購入できるケースが多く、とてもお得。

希望をすればまとまった量を処方してもらうことも可能なので、処方してもらうためにこまめに病院に行かなければならない、ということもありません。

外用薬の処方をしてもらえるという点も大きなメリットです。

症状がひどい人になると、ステロイド外用薬を処方してもらうことも多くありますが、ガイドラインによるとアトピーに使用できるステロイド外用薬は5つのランクに分かれていて、その種類によって薬の強さが異なります。

症状がひどいのに弱い薬では効果を感じられませんし、その逆もしかりです。 正しい容量を教えてもらったり、最適な薬を正しく使用するためには、美容皮膚科での指導はとても重要だと思います。

デメリット

アトピーの治療において美容皮膚科に通う上での大きなデメリットはないと思われますが、しいていえばやはり定期的に通院しなければならないという点をデメリットに感じることがあるかもしれません。

何度か通院をし、治療方法が安定すれば月に1回程度の通院でも十分な治療が受けられますが、最初のうちは医師が患者さんの状態を把握しきれていないので、合う薬を見つけるために、週に1回などの通院が必要になることがあります。

仕事を持っている人は、開院している間に病院に行くこと自体が難しいという人もいるでしょうから、そのような人にとってリスクは大きいかもしれません。

そのほか、相性のよいクリニックに出会えない、ドクターに恵まれないといったときには最適な治療を受けることができず、症状がなかなか改善されないことも考えられ、この点もデメリットとして挙げられます。

アトピーは長い年月患っている人が多いので、今までにいろいろな治療法を試してきたという人もいると思います。

なのに、話を聞かずにすでに試してきたことがある薬を処方しようとしたり、希望の治療方針に耳を傾けてくれないと、症状の改善がどんどん遅れてしまいますよね。

これまでの治療についてきちんと話を聞いてくれ、状況に応じて柔軟に対応してくれるドクターに出会えることが、美容皮膚科で効率用アトピーを改善させる重要な要素だといえます。

参考: 日本皮膚科学会ガイドライン:(PDF)アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版

美容皮膚科なら脱ステロイドも実現できる

見た目の問題だけでなく、かゆみなども伴うアトピーは、夜眠りづらいなどの日常生活にも支障をきたすこともあります。アトピーの治療法と言えば、ステロイド剤の塗布が一般的。しかし、強すぎたり副作用があることもあり、脱ステロイドを掲げる人も増えているようです。そこで、美容皮膚科で受けられるアトピー治療にどのようなものがあるのか、最新の治療方法についてもご紹介していきます。

飲み薬

飲み薬、塗り薬に共通して言えるのは、非常に種類が多いということです。かゆみを防ぐもの、炎症を抑えるもの、免疫を抑制するもの、保湿剤、などです。

注目したいのが「漢方」

漢方というとなかなか効果がでないので、実感がしにくいというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際は、使い方によっては即効性のあるもの、確実に効果をあげるものもあり、用途や使用方法によってとても素晴らしい効果をもたらしてくれます。副作用も少なく、安心して使用で きるのも利点です。

具体的には、ヨク苡仁や黄柏、艾草、麦門冬、当帰、白虎加人参湯、小青竜湯などがアトピーに効果があると言われているようです。とは言っても、個人差があるでしょうし、正しい使用方法が必要になりますので、必ず医師の診断のもとで使用してください。

塗り薬

アトピー性皮膚炎には、ステロイドとワセリンを用いた治療があります。ステロイド治療を受ける人の多くは、副作用の心配をしていると思いますが、正しい使用法であれば怖がる必要はありません。塗り薬の治療の注意点などもまとめて紹介してるので参考にしてみてください。 塗り薬の治療法をくわしく見る

光治療

近年さまざまな症状において活躍しているのが光治療です。今のところはバイオプトロンやナローバンドといったところでしょうか。両方痛みもなく、簡単に治療を行なうことができます。

バイオプトロンは、害となる紫外線を取り除いた太陽光線です。免疫力を正常にしたり、自然治癒力をアップさせてくれる効果が期待できます。ポカポカとした光を浴びるだけなので、ストレスフリーで、美肌効果もあるので、気になる治療法です。

ステロイドを使わない「ナローバンド治療」

ナローバンドは、皮膚への悪影響をもたらす波長をカットし、狭い波長巾を利用した光治療です。ありがたいことに、この波長を利用することで、赤みやかゆみが抑えられるそうです。しかも、治療は痛みもなく1、2分程度。治療に取り入れることで飲み薬や塗り薬を減らすこともできるため、非常に効率的な治療法で す。

ここでは、ステロイドを使わないアトピー治療として注目されている「ナローバンド治療(ナローバンドUVB)」についてくわしく調査!保険適応になる治療を探している方やステロイドを使いたくない方はぜひ参考にしてみてくださいね 。
ナローバンド治療をくわしく見る

レーザー

脱ステロイドを目指す人が増えたこともあり、アトピーのレーザー治療は主流化しているようです。その種類も多様で、自然治癒力を高めるなどの効果のあるダイオードレーザーや緊張をほぐしてくれるソフトレーザーなどがあります。

特に後者は、ストレスによってアトピーのかゆみがひどくなるという点に注目して、 原因となる緊張をレーザーで取り除くというユニークな治療です。とは言っても、その効果も立証済みで、レーザー治療後はよく眠れるようになり、かゆみが 減っていくそうです。副作用もありませんし、一度試してみたい治療法です。

アトピー治療は完治が難しいからこそ自分に合った治療法を見つけよう

アトピー治療は、地道に継続することが重要です。クリニックでの治療には、そのほとんどが保険適用となりますので、値段のことはあまり気にせず、体や精神に負担のない方法でじっくり治療していきましょう。信頼できる医師を見つけることも大切です。

増え続えるアトピー患者、その原因は生活環境の変化?

アトピーというと、赤ちゃんの頃から発症し、原因は遺伝だと考えられてきました。しかし近年、患者数は右肩上がり増えており、遺伝だけの要因では考えづらくなってきたようです。

そのため、いろいろな原因が見直され、戦後に大きく変わった生活環境(食生活の欧米化、住宅事情、公害などの環境の変化、ストレスなど)も関係しているのではないかと考えられ始めています

アトピーの特徴

アトピーの特徴としては、皮膚の中で水分保持能力のあるセラミドが少ないため、常に乾燥している状態。そこに湿疹ができるため、強いかゆみを感じます。一時的なものではなく日常的なもので、とても辛い症状となります。なかには常にかきむしっている状態で、出血してしまうことも。特に冬場は乾燥が激しくなることもあり、症状が悪化する場合が多くなります。

いろいろな治療法が研究されていますので、まずは専門医に相談したうえで、今できる自分に合った治療法を見つけることが大切です。

アトピーが悪化してしまう理由とは?

上でも触れたようにアトピー性皮膚炎にはさまざまな原因があり、ダニやホコリといった室内環境、気候や大気汚染、花粉、食生活やストレス、体質、さらにはペットや植物といった日常生活の中まで、さまざまな原因が潜んでいます。

そして、発症する原因が多種多様であるのと同様、悪化する原因も数多くあります。汗をかいたまま放っておいたり、かきむしったり、シャンプーや石けん、化粧品などが刺激物となったり…無意識に症状を悪化させていることも多いでしょう。

脂の多い食事や、香辛料、チョコレートなどの食べ物、さらにはお酒やタバコなどからもアレルゲンを取り入れてしまい悪化させているかもしれません。もちろん、アレルゲンの多い住環境にも注意が必要です。

色素沈着が起きる原因

アトピーを患っている方の中には、色素沈着に悩んでいる方も多いのではないでしょうか? アトピーの色素沈着は、患部を擦ったりかいたりすることで皮膚炎が繰り返されて起こります。

アトピー性皮膚炎の患者さんは皮脂が少なく、水分保持機能も低くなっているため、乾燥肌になりやすい状態です。そのため皮膚のバリア機能が落ちてしまって外部からの刺激を受けやすく、かゆみや炎症の反復で皮膚の色素沈着が生じてしまうのです。

程度にもよりますが、皮膚炎自体は落ち着いて色素沈着だけ残っている…という場合は、時間はかかるかもしれませんがだんだんと薄くなっていくでしょう。

炎症を繰り返さないように気を付けつつ、日焼けを防いで生活することが重要です。セルフケアだけでは不安な方も多いと思うので、ぜひスキンケアの相談を気軽にできる美容皮膚科を訪ねてみるとよいでしょう。

アトピーのセルフケア方法

衣類は肌に刺激の少ない素材を選ぶ

アトピーは、化学繊維の衣類を着用していると悪化することがあります。できるだけ肌に刺激の少ない天然素材のものを選び、常に清潔にしておくことで、アトピーの悪化を防ぐことができます。

天然繊維は、シルクや木綿、麻などの素材です。麻は天然繊維ですがチクチクするものもあるので、肌触りに違和感があるもの、刺激のあるものは避けたほうがよいでしょう。

また、衣類を常に清潔にしておくことも大切です。通常通り洗濯機で洗濯をしても問題ないのですが、洗剤が衣類に残らないように、しっかりとすすぎを行ってください。

また最近は、天然成分でできた洗濯用洗剤がいろいろと販売されていますので、より肌に刺激を与えないためにはこうしたものを活用してもよいと思います。

肌に髪がかからないようなヘアスタイルにする

アトピーは肌に刺激を与えることがよくないとされていますので、ヘアスタイルも髪が肌に当たらないスタイルにすることが望ましいです。首にアトピーの症状が出ているのであれば、首に髪がかからないようにしましょう。 髪が長い人は、束ねておくのもよいと思います。

整髪料が髪にかかることもよくないので、この点も気をつけたほうがよいですね。シャンプーをした後は、シャンプー成分が肌に残らないようにします。入浴では、先にシャンプーをしてから体を洗うようにすると、シャンプー剤が肌に残ることがないのでおすすめです。

常に肌を清潔にする

洗いすぎる必要はありませんが、毎日入浴をして肌を清潔に保つことも、アトピー対策として重要です。

夏は汗をかきやすく、そのままにしておくと症状が悪化してしまうことがありますので、シャワーなどで汗を流しましょう。このとき、やはり化学成分の入ったボディソープを使用して、すすぎが足りないと症状が悪化しやすくなりますので、しっかりすすぐことをおすすめします。

天然成分で作られたボディソープを使用するのもよいですね。

適度な保湿を心掛ける

アトピーのセルフケアにおいて重要なことは「保湿」です。適度な保湿を心掛けることで、アトピーの予防と改善につながります。

保湿剤は皮フ科で処方されているものを使用してもよいですが、市販のものを使用する際にはできるだけ刺激の少ないものを選びましょう。

現在アトピーではないけれど、過度の乾燥肌だという人も、しっかり保湿をすることでアトピーの予防ができますので、肌はできるだけ乾燥させないように意識するとよいですね。

食生活で気をつけたいこと

食生活では、刺激物の摂取がアトピーを悪化させてしまうといわれています。辛いものや、香辛料がたっぷり入った料理、カフェインなどはできるだけ控えましょう。

また、アルコールも血行を促進してかゆみを助長させるといわれていますので、できるだけ控えたほうがよいようです。

アトピーの方が注意すべきこと

アトピーが悪化する要因を除去する

アトピーが悪化する要因として、ハウスダストやダニ、花粉などが挙げられます。少なくとも、自宅ではこれらの要因をできるだけ排除した環境で生活することが望ましいです。

布団はこまめに干す、空気清浄機を使用してハウスダストを除去するなどの対処が効果的です。

ストレスのかからない生活を意識する

ストレスはアトピーが悪化してしまう原因のひとつだといわれています。できるだけストレスの少ない生活を送れるよう心がけたいですね。

1日の中で少しでもリラックスできる時間を設ける、睡眠をしっかり摂る、適度に体を動かすなどといったことを意識するとよいと思います。

また、ストレスを感じてしまったときに、手軽に解消できる方法を見つけておくのもおすすめです。