絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » アトピー » 塗り薬

塗り薬

ステロイドは医師の指示に従うことが大切!

ステロイド外用薬には免疫反応を抑制する作用があるため、アトピー治療にはよく用いられます。炎症を抑える度合いによって5段階に分類され、重い症状を抱えている人ほど強力なステロイド外用薬が使われます。

ステロイドの5種類を分類(強力な順)

  1. ストロンゲスト
  2. ベリーストロング
  3. ストロング
  4. ミディアム(マイルド)
  5. ウィーク

ステロイドは怖い…というイメージを持っていて「なるべく短い期間にとどめよう!」としてしまう人もいますが、実は、中途半端に使用すると逆に症状が悪くなる可能性もあります。そのため、ステロイドは必ず医師の指示に従って、必要な期間・必要な量を使うことが重要です。

ちなみ副作用にかんしてですが、肌に塗るタイプのステロイド外用薬は基本的に塗った部位だけに作用するため、副作用は最小限に抑えられます。

もし一時的に現れたとしても、医師の指示通りに使っていればその症状がずっと続くような可能性も低いでしょう。ただ、長期的な使用によって皮膚萎縮や毛細血管拡張が起こるケースはあるようなので、何か気になる症状を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

ワセリンはあまり効果的じゃない…?

アトピー性皮膚炎には保湿が良いという考えから、ワセリンが注目されているのをご存じでしょうか? アトピー性皮膚炎は現在でもはっきりとした原因が解明されていませんが、有力な説はいくつかあり、その1つが″表皮バリア破綻説″です。

この節は、外部の刺激により皮膚を保護するバリア機能が低くなり、ちょっとの刺激で皮膚炎が起きてしまう・・・というもの。たしかにアトピー性皮膚炎患者の皮膚はバリア機能を維持するセラミドが減少していることが多く、この説はある程度の信憑性がありそうです。

そしてこの説で考えると、バリア機能を維持すればアトピー性皮膚炎が改善されるということになります。バリア機能というのは角質層が乾燥することで弱くなるため、保湿によって角質層の水分量をキープすれば、アトピー性皮膚炎の改善に役立つという考えになります。

そこで、肌の表面を覆って角質層からの水分蒸発を防いでくれるワセリンが注目されているというわけでね。 しかし、保湿ケアを重視するのであれば、ワセリンよりも有効な物はあります。

ヘパリン類似物質をはじめ、もっと高い保湿効果を長い時間持続できる成分があるのです。もちろんワセリンにも一定の効果は見込めますが、できるならばヘパリン類似物質のヒルドイド等を使う方が効果的でしょう。

以前はワセリンとステロイトを混ぜて処方

ちなみに以前は、アトピーでステロイドを処方するにあたり、ワセリンと混ぜて軟膏壺に入れるという方法が多かったようです。 しかし、現在はあまり見かけません。

なぜなら、医師が容器から医薬品を出してワセリンと混ぜた時点で、製薬会社側の責任がなくなり医師に責任がのしかかるからです(製薬会社が製造物責任法の縛りを受けなくなる)。

また、ワセリンを混ぜることでステロイドの元々の効果が薄まるうえに、副作用はほとんど変わらない…という点も大きいようです。

アトピー治療におすすめの美容皮膚科をチェック

ステロイド

ストロンゲスト

成分

ストロンゲストの有効成分は、「クロベタゾールプロピオン酸エステル」と、「ジフロラゾン酢酸エステル」です。
薬品としての商品名は、「クロベタゾールプロピオン酸エステル」の配合されている薬に「デルモベート」が、「ジフロラゾン酢酸エステル」が配合されている薬に「ジフラールダイアコート」があります。

効果

湿疹や、進行性指掌角皮症、日光皮膚炎などを含み皮膚炎、虫さされ、ケロイド乾癬などさまざまな皮膚炎の症状に使用します。
そのほか、悪性リンパ腫や円形脱毛症に使用されることもある薬です。

副作用

重大な副作用としては、長期的に使用することで緑内障や白内障など目の疾患を引き起こす可能性があります。
また、カンジダや白癬菌など皮膚の真菌症や、毛のう炎といったウィルス感染症が現れることもあるようです。
ほかにも、「ステロイド皮膚」と呼ばれる皮膚萎縮や毛細血管の拡張、紫斑などの症状をはじめ、口囲皮膚炎や多毛の症状が出ることもあります。

こんな人におすすめ

ステロイドにはさまざまな種類があり、その種類によって効果の現れ方に違いがあります。
強い薬のほうが効果の現れ方が高いと考えることができ、その薬の強さを5段階に分けています。
5段階のうちもっとも強いのがこの「ストロンゲスト」です。
アトピーの症状に使用するためステロイド剤を使用するにあたり、ほかのストロンゲストよりも弱い4種類のステロイド剤を使用しても効果が現れなかった場合に、このストロンゲストが用いられます。
ただし、使用に関しては医師の診断によるため、必ず4種類すべてを使用してからストロンゲストを用いるとは限りません。
アトピー以外でも、さまざまな皮膚疾患に用いられる薬です。

特徴

ステロイド剤の中でももっとも強いと分類される薬です。
重症であると判断された場合に用いられる薬ですが、もっと弱い薬を使いながら、一部に限定してストロンゲストを用いるなど、いろいろな使用方法で用いられます。

ベリーストロング

成分

ベリーストロングは、「モメタゾンフランカルボン酸エステル」、「酪酸プロピオン酸ベタメタゾン」、「フルオシノニド」、「ベタメタゾンプロピオン酸エステル」、のほか、さまざまな成分があります。
商品名は、「デルモベート」や「ジフラールダイアコート」、「フルメタ」、「アンテベート」という名前です。

効果

ステロイド外用薬で、抗炎症作用や抗アレルギー作用ともち、アトピーによる皮膚の赤みや腫れ、かゆみなどを改善する効果があります。
そのほかの湿疹や皮膚炎、円形脱毛症などの治療に用いられることもあります。

副作用

主な副作用としては、毛細血管拡張、発疹、蕁麻疹、接触性皮膚炎などがあります。
まれに頭痛や目のかすみ、目の痛みなどの副作用が起こり、眼圧亢進や緑内障、白内障を発祥刷る恐れがありますので、以上を感じたらすぐに医師に相談してください。

こんな人におすすめ

中程度以上のアトピー症状があり、ベリーストロングよりも弱い薬では症状が改善されない人に用いられることが多いです。

特徴

ステロイド外用薬の強さを表す5段階のうち、ストロンゲストの次に強い薬です。

ストロング

成分

ストロングの成分には、「デプロドンプロピオン酸エステル」、「プロピオン酸デキサメタゾン」、「デキサメタゾン吉草酸エステル」のほか、さまざまな成分があります。
商品名は「エクラー」、「メサデルム」、「ポアラザルックス」などです。

効果

アトピーによる皮膚の赤みやかゆみを減少する効果のほか、悪性リンパ腫や肉芽腫症、乾癬、ケロイド、固定蕁麻疹などさまざまな皮膚の疾患を改善する効果があります。

副作用

毛細血管拡張、皮膚細菌性感染症、ステロイド皮膚、皮膚白癬などの副作用が起こる可能性があります。

こんな人におすすめ

アトピーの症状が程度から中程度で、ストロングを使用して症状の改善が見られる人に用いられます。
以前ストロングを使用して症状が改善しても、症状が再発し、その時にストロングでは症状が改善しないということもありますので、その際は速やかに医師に相談しましょう。

特徴

5段階あるステロイド外用薬の強さレベルのうち、真ん中のレベルです。
ストロングよりも弱い薬を使用しても症状が改善されなかった場合に用いられることもあります。

ミディアム(マイルド)

成分

「吉草酸プレドニゾロン」、「トリアムシノロンアセトニド」、「アルクロメタゾンプロピオン酸エステル」などのほか、いろいろな種類の成分があります。
商品名は「リドメックス」、「レダコート」、「アルメタ」などです。

効果

アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚炎、虫刺され、乾癬、湿疹などの症状に使用します。

副作用

毛のう炎、皮膚感染症、皮膚カンジタ症、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎などの副作用が起こる可能性があります。

こんな人におすすめ

時期によっては保湿剤でも十分対応できるなど、アトピー性皮膚炎の症状が低度であり、強いかゆみはなく表面的なかゆみがある人に用いられます。

特徴

ステロイド外用薬の強さを表す5段階の中で、2番目に弱い薬です。
強いステロイド外用薬と比較して、濃い濃度で作られているとく特徴があります。

ウィーク

成分

成分、商品名共に「プレドニゾロン」です。

効果

眼軟膏剤では、結膜炎や角膜炎など目の炎症を改善する効果があります。

副作用

主な副作用としては、刺激を感じるなどの症状がありますが、ほかのステロイド外用薬のような強い副作用はありません。
まれに、吐き気や目の痛み、視力の低下が見られる場合があるので、以上を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

こんな人におすすめ

症状が軽度のアトピー性皮膚炎や、目の回りの炎症やかゆみを抑えるために用いられることが多い薬です。
大きな副作用はほとんどなく、小さな子供や目の周りなどにも安心して使えるのが特徴です。
逆に、症状の強いアトピー性皮膚炎には効果が期待できないこともあります。

特徴

外用薬のほか、錠剤もあります。

ワセリン

成分

アトピー性皮膚炎に使用されるワセリンは、主に「白色ワセリン」と呼ばれるワセリンです。
白色ワセリンは、石油に特殊な加工を施し、皮膚に使用しても安全な状態まで生成したものになります。
石油からできていますので、成分はほとんど「油分」だと考えておいでしょう。 白色ワセリンをさらに生成して作られるのが「プロペト」です。 通常のワセリンよりも純度が高いのが白色ワセリンで、さらに純度が高いものがプロペトになります。

効果

ワセリンの主な効果は「保湿」です。
薬ではないので、ワセリン自体にかゆみを抑える成分などが含まれているわけではありません。
しかし油分で作られていることから、皮膚をコートした状態で保湿をし、蒸発せずに保湿効果が長く続くため、乾燥を防いで結果かゆみや炎症を抑える効果につながります。

副作用

ワセリンには大きな副作用はありません。
さまざまなレベルの症状をもつ人が、安心して使用することができます。

こんな人におすすめ

アトピー性皮膚炎の場合、症状がかなり軽度で外用薬や内服薬で治療する必要がない人に用いられます。
薬で治療をしている人に対しても、保湿目的として処方されることがとても多いです。

特徴

処方箋で処方をされるので薬のイメージをもつ人もいますが、ワセリンはドラッグストアなどでも手軽に購入できる製品で、処方されるワセリンとほとんど違いはありません。

参考:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016 [PDF]


京都のアトピー治療ができる皮膚科3選