絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » アトピー » ステロイドを使わないナローバンド治療

ステロイドを使わないナローバンド治療

アトピーのナローバンド治療とは?

ナローバンド治療(ナローバンドUVB)は、免疫抑制に効果がある光のみを抽出して患部に照射をし、アトピー症状を改善させる治療方法です。「中波紫外線療法」とも呼ばれています。

肌に対して負担を掛けてしまうような要らない波長は取り除いて照射するため、副作用の心配がほとんどありません。

アトピー部分のかゆみや赤みを抑えてくれる特殊な波長だけを効果的に照射することができるのです。 今まで処方された飲み薬、塗り薬を使っているだけでは、なかなかアトピーの症状が改善しなかった…という人には、とくにおすすめできる治療法です。

外用療法で思うようにおさまらなかったしつこい皮疹も、何回か照射を重ねるうちに、だんだんと軽くなっていくでしょう。つらいかゆみや赤みも、抑制してくれるはずです。

また、入院治療と同様に、一度症状が軽くなれば、そこまで頻繁に通って処置をする必要もなくなります。皮疹が出てしまったとしても、少量の薬を塗って対処するだけで、快適に生活できるようになるでしょう。

ナローバンド治療の費用相場は?

ナローバンド治療にかかる費用は、おおよそ1,000~1,500円/1回くらいが相場のようです。 初めのうちは1週間に1~3回くらいの通院。症状が改善されれば週1回~月1回程度の通院を目安に考えておくとよいでしょう。

ナローバンド治療のメリット・デメリットは?

以下に、ナローバンド治療のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 効果的な波長域(311~313nm)の紫外線を選択的に照射可能
  • 副作用が少なく、治療後の行動制限もない
  • 外用薬と組み合わせれば、今まであまり効果がみられなかった難治性皮膚疾患にも効果が期待できる ・基本的に保険が適用になる

デメリット

  • 通院の回数が少なければ、その分効果も少ない

ステロイド以外の治療ができるおすすめクリニックをチェック