HOME >  美容皮膚科で治せるお悩み >  脱毛

脱毛

ここでは、クリニックで施術できる脱毛の種類ついて紹介しています。

3つの脱毛法とその違い

現在、脱毛の主な施術法は3つあります。その違いについてご紹介していきたいと思います。様々な方法をうまく活用することで、ご自分に合った負担のない脱毛メニューを選んでいただければ幸いです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

現在人気が高い脱毛方法がこの光脱毛。人気の理由は、早くて痛みが少ないからです。

黒色のみに反応する脱毛機器で、熱を加えて焼いていく感覚。照射部分が広いので、短時間で脱毛が完了します。そのためか、割と安価で行うことができるのも特徴です。

多くの脱毛サロンはほとんどこの方法を用いています。冷たいジェルを塗布し、そのうえから照射。ジェルを落としたあとは鎮静というのが一般的な流れかと思います。

デメリットとしては、薄い産毛には反応しづらいという点。ほとんど生えなくなったと思っても、しばらくすると数本だけ生えてくるなどのムラが出る可能性があります。

レーザー脱毛

多くの美容皮膚科はこの方法を用いています。

その理由は安全で比較的、痛みも少なく、産毛もような毛まで処理できるからです。

医師がいることで、高レベルの数値まで安心して使用できますので、光脱毛よりは細かい毛までしっかり脱毛できるかと思います。ただし、根本的な機械の仕組みは同じで、黒色に反応して熱を加えるものになります。そのため、後々また多少の毛が生えてきてしまうことは否めません。

残ってしまった毛の処理は、ニードル脱毛をオススメします。

ニードル脱毛(針脱毛)

電気脱毛とも言われるのですが、毛穴に針を通し、そこに電気を送り込むことで毛根にダメージを与える方法です。

この方法は、光やレーザーの脱毛後に数本だけ毛が残ってしまった場合や、元々それらを照射できない場所(色素沈着部位、乳頭周り、埋まっている毛など)には非常に有効です。
ただし、この脱毛方法ほど、技術者の技量が求められるものはありません。

非常にうまい人が行えば、たいした痛みもなく、長時間かかることもなく、完璧に永久脱毛が行えます。しかし、技量が足りなかった場合、部位によってはとてつもない痛みを感じたり、長々と時間がかかったり、ひどいときは内出血する場合もあります。

美容皮膚科など、医師がフォローしてくれる場所で行うことをオススメします。

こうした様々な脱毛が存在し、割とどこででも気軽に施術を受けられるようになりました。しかし、きちんとした場所で受けないと、後々トラブルとなるケースは少なくありません。
では、どういった場所で脱毛するのが良いのでしょうか?

もしものときのフォローは重要!

最近では、脱毛専門のサロンがあちこちにあったり、多くのエステサロンで扱っていたりします。しかし、一番のオススメはやはり医師のいるクリニックです。

脱毛は熱を加えて毛根にダメージを与えるものですから、やけどや内出血などの危険性も否定できません

もちろん、各サロンもスタッフの教育もきちんとしているでしょうが、万が一の事故のときのフォローは医師の方が安心です。

なかにはクリニックと提携しているサロンもありますので、そういったことをきちんと確認したうえで施術を受けるようにしましょう。