HOME >  美容皮膚科で治せるお悩み >  毛穴の開き

毛穴の開き

ここでは、若い年代の女性にも悩みの多い、毛穴の開きについて解説しています。

自己流の治療は悪化の原因!まずは専門医に相談しよう

毛穴の開き改善するためにはどのような方法があるのでしょうか?一言で言えば、専門医に相談することです。

大きなシミやひどいニキビなどは専門の機関にお世話になっても、たかが毛穴の開きでクリニックなんて!と、自分で毛穴取りシートなどを使用する方は少なく ないかと思います。しかし、それは大きな間違いです。

毛穴パックやスクラブなどを誤って使用すると、余計に状態がひどくなることも考えられます。

たとえ ば、毛穴パックを頻繁に使用すると、皮脂腺を過剰に刺激してしまったり、乾燥肌なのにスクラブを一生懸命使用して、肌に負担をかけてしまったり。

良かれと 思って行ったことが悪影響を及ぼすことは多いのです。

しかし、専門医に相談すれば、そういった間違いはありません。

自分の肌質や症状に合わせたプランをオススメしてくれるでしょう。

美容皮膚科にあるメニューの一例をご紹介します。

クリーニング

専門の器械を使用して、毛穴の黒ずみや詰まりを洗浄してくれます。マッサージやスチームなどを一緒に行うことで、無理なく吸引洗浄を行うことが可能となります。

気持ちが良く、リラックスしながら毛穴がキレイになるのですから、気軽に試してみるのも良いかと思います。

レーザー

多くのクリニックで採用されているのが毛穴レーザーピールとジェネシスです。毛穴レーザーピールは、波長の長いレーザーを当てることで、毛穴の引き締めの ほか、全体的な肌のハリやキメを整えることにも効果が期待できます。

多少チクチクするような痛みはあるものの、すぐにメイクをすることも可能なので、気軽 に行えるコースとなります。

ジェネシスは、最近人気が集まっているコースなのですが、皮膚に密着させずにレーザーを打つので、肌への負担が軽くて済みます。

痛みもなく、すぐにメイク もできるので、仕事の合間でも施術を受けられるわけです。

コラーゲンを再生してくれますので、プルプルモチモチした肌を取り戻すことができます。

毛穴だけでなく、シミやニキビ、ニキビ跡にも効果的だと言えます。

フラッシュ

フラッシュ光線治療に有効的なのは、垂みによる毛穴の開きです。原因が垂みとなると、毛穴を大掃除したからといって改善するものではありません。自分の力 ではどうにもできない帯状毛穴をどうにかしてくれるのがフラッシュ光線治療なのです。たくさんの毛穴に対して一気に光を照射していけますので、短時間かつ 痛みも少ない施術となります。エステで毎週のようにケアするよりずっとお得で楽なので、オススメです。

ピーリング

ニキビ跡にも効果的なダイヤモンドピーリング。ダイヤモンドのバーで行う施術なのですが、肌の凹凸だけでなく、ニキビ跡の赤みにも効果的です。

毛穴の開きについて悩んでいる女性は多いものの、専門機関に行くほどでも…と考える人も少なくありません。しかし、状態がひどくなる前に専門医に相談した方が、解決までの時間も早くなります。

是非「このくらいなら」と考えずに、専門クリニックに足を向けてみてください。

さまざまな要因で生まれる「毛穴の開き・たるみ」の魔のサイクル

ふと鏡を見たときに、鼻や頬の毛穴のたるみや黒ずみ、角栓が気になった方は大勢いらっしゃるかと思います。そこで、その原因をご紹介していきます。

30代、40代になって気になりだすシミやしわなどと違って、20代からでも多くの女性が気になっているのが毛穴の開きです。

必死にメイクで隠そうと思っても、なかなか難しいですよね。うまく隠せても、メイクを厚塗りすればするほど毛穴に詰まって悪影響。角栓が気になって絞り出したりこすったりして、これまた悪影響。

でも放っておけないという魔のサイクル突入です。そこで、まずは原因から知っておきましょう。

赤ちゃんのお肌を見ると、毛穴なんて全く気になりませんよね。しかし、年齢とともに毛穴がたるんで広がってきてしまいます。そのせいで、目立って見えてきてしまうのです。

しかし、要因はそれだけではなく、メイクの汚れが落ち切っていなかった、間違った洗顔方法で皮脂を取りすぎてしまったなど様々なことが考えられます。

元々毛穴からは適度な皮脂が出ており、それが天然のクリームとなって肌を覆ってくれています。しかし、化粧品、ストレス、誤った洗顔方法など様々な要因によって角質が厚くなって毛穴を塞いでしまいます。

それにより、詰まりが取れなくなった毛穴はどんどん開いていってしまうのです。

開いた毛穴からは水分が逃げていきますから、乾燥していきます。そのため、さらにターンオーバーは崩れ、角質は厚くなっていってしまうのです。