絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » 毛穴の開き » フラッシュの種類と効果

フラッシュの種類と効果

フラッシュによる毛穴治療とは、フォトフェイシャルやIPL治療などとも呼ばれているもので、複数の波長の光線を組み合わせて肌に照射する施術方法になります。 呼び名は異なりますが、フラッシュによる光を照射するという点では同じ治療法といえますし、効果もそれほど変わりません。 フラッシュによる治療法の種類やその違いについてそれぞれ特徴、効果をご紹介します。

フラッシュの種類

フラッシュは光による治療法の呼び名

フラッシュによる治療法というのは、複数の波長を組み合わせた光を照射して施術する方法を指します。

施術の内容は、熱さを緩和するジェルなどを塗った肌に、カメラのフラッシュのようなまぶしい光を一瞬だけ照射するというものす。効果としては、古い角質を除去したり、真皮層に働きかけてコラーゲンの生成を促したり、メラニン色素を破壊したりといったことが期待できます。

複数の波長の光を同時に照射することができるので、シミやシワ、毛穴の黒ずみ、皮膚のたるみなどさまざまな症状にアプローチすることが可能です。

フラッシュ治療や光治療という名称は全体的な呼び名であり、それぞれのメーカーによる機器の名称によって呼び方が変わることもあります。

治療の目的や威力に多少の違いはありますが、基本的な意図や構造は同じと考えていいでしょう。フラッシュは皮膚トラブルの解消にも役立ちますが、黒いものだけに反応する性質を生かして、ムダ毛の脱毛にも活用されています。

ただ、施術による痛みや効果の出方は人によっても差があるので、施術するのはどれでもいいというわけではありません。また、施術する人の技量によっても効果に差が出る場合もあるので、クリニックやメーカーは評判のいいところを選んだ方が無難です。

フォトフェイシャルは日本ルミナスによる登録商標

フォトフェイシャルとは、一般的にフラッシュや光を使用した治療法の代名詞として使われることの多い言葉ですが、日本では株式会社日本ルミナスによって登録商標されている固有名詞です。

厳密にいえば、日本ルミナスによって認められているクリニックでしか受けることのできないもので、ほかのメーカーの光治療器とは別物になります。

しかし、フォトフェイシャルの知名度が高く、全国のクリニックに導入されているので、「フラッシュの光による毛穴治療=フォトフェイシャル」として認識している人も多いのが現状です。

また、フォトフェイシャルは医療機器として認められているので、病院やクリニックなどの医療機関でしか施術できません。

そのため、エステやサロンなどで扱っているフラッシュ治療器とは異なり、威力や効果も高めです。

とても信頼性の高い機器なので、安全性や効果の高い治療を受けたいなら、日本ルミナスのフォトフェイシャルを検討してみるといいかもしれません。

IPLは光の波長の種類

IPLとは「インテルス・パルス・ライト」の略で、増強パルス光という意味があり、幅広い波長の光であることを意味しています。

フラッシュによる治療ではこのIPLが使われているので、IPL治療という呼び名もフラッシュや光治療と同じ種類のものになります。

IPLは500nm~1200nmの幅広い波長域があり、さまざまな肌トラブルをいっぺんに解消できるというメリットがあります。

レーザーとの違い

同じような施術方法にレーザーを照射する治療法がありますが、レーザーとフラッシュでは明確な違いがあります。

それは光の波長の種類です。フラッシュは波長の幅が広く、複数の光を照射できますが、レーザーは単一による波長のみの照射になります。

効果の出方にも違いがあり、フラッシュが幅広く効果を発揮するのに対して、レーザーは単一の波長で狭い範囲に集中的に効果を出します。

その分、レーザーの方が威力が高く、医療機関でしか施術できませんが、フラッシュは威力が低いので痛みや熱も控えめで、医療機関以外のエステやサロンでも施術が可能です。

施術後のダウンタイムも少な目で、施術後すぐにメイクをして帰ることもできます。

料金もレーザーの方が高めになりますので、なるべく費用を抑えたい人や痛みに弱い人、いろいろな肌トラブルを一度に治療したい人はフラッシュが向いています。

フラッシュの毛穴治療に対する効果やメリット

肌のたるみによる毛穴の開きを改善できる

フラッシュによる治療は、複数の波長の光を当てて肌の真皮層に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して、肌にハリを与えて毛穴の開きを改善するという効果があります。

毛穴の汚れや角栓を除去できても、肌がたるんだままだとまたすぐに詰まってしまうので、フラッシュで肌を引き締めることができれば、目立たない毛穴を維持することができます。

毛穴以外の肌トラブルにも有効

フラッシュは肌のたるみだけでなく、シミやそばかす、シワなどいくつもの肌トラブルを同時に解消できるのが大きなメリットです。

毛穴ケアで施術を受けた場合でも、アンチエイジングや美肌効果を得ることができるので、非常にコストパフォーマンスが高い方法といえます。

同時に脱毛もできる

フラッシュの光は、黒いものにだけ反応して攻撃してくれるので、ムダ毛の毛根にダメージを与える脱毛にも活用されています。毛穴の黒ずみが取れないと思っていたら、実は産毛が黒く見えていたということもありますので、顔に照射することで透明感のある肌へ変化していくといううれしい効果も感じられます。

痛みやダウンタイムが少なく施術が簡単

フラッシュの施術はレーザーと比較されることが多いですが、医療機関でしか施術できず、痛みを伴うレーザーに比べてフラッシュは非常に手軽で痛みの少ない施術法です。

顔の施術だけなら20分ほどで終了しますし、冷却用のジェルをふき取ったら、すぐにメイクをして帰ることができ、後から腫れる心配もありません。

料金もレーザーと比べて安価で、気軽に始められます。

フラッシュにはこんなデメリットも

メリットの多いフラッシュですが、レーザーに比べて威力が弱いので効果が出にくい、何度も通う必要がある、医療機関でない場合は施術者の技量にばらつきがあるなどのデメリットもあります。

フラッシュ治療による副作用

フラッシュによる治療はレーザーほど威力が高くないため、やけどや炎症などが起こりにくく、安全性の高い治療法です。

しかし、マシンによっては威力が高めに設定できるものもありますので、肌が弱い人や痛みに弱い人は、施術によって熱さを感じたり赤みが残る場合もあります。

また、医療機関なら施術によるトラブル対処にあたる環境や人員がそろっていますが、サロンなどでは医療資格を持つ人が常駐しておらず、思わぬトラブルが発生することもあります。スタッフの質もまちまちなので、照射漏れがあったり施術ミスがあったりする可能性もゼロではありません。

サロンの方が安価で施術を受けられますが、安全性を高めるためには、医療機関で施術を受ける方が安心できるでしょう。

フラッシュ治療に向いているのはこんな人

  • 加齢によるたるみで毛穴の開きが気になる人
  • 毛穴以外の肌悩みも同時に解消したい人
  • なるべくお金や時間をかけずに治療したい人
  • 肌のたるみを解消して若返りを図りたい人
  • 顔の産毛も一緒に処理したい人