HOME >  美容皮膚科で治せるお悩み >  ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡

ここでは、多くの方が一度は経験したことのあるニキビの原因、治療法などをご紹介しています。

キレイに治したいのなら美容皮膚科のドアをたたいて

ニキビを治したいと思って皮膚科のドアをたたいた方は少なくないかと思います。でも、「なかなか治らない」という声をよく耳にします。

それは保険適用範囲で行う治療方法だからです。

保険適用の治療は、穏やかに効果が出るものだと考えていただければ良いかと思います。もし、ニキビがひどくなってしまった、早く治したい、キレイな肌に戻したい、なかなか治らない、という状態であれば、保険適用外の治療を併せて行うことをオススメします

特に様々な美容皮膚科などで取り入れている光治療は、医学の進歩だと感じずにはいられません。

多くの美容皮膚科でニキビ治療として取り入れられているメニューとしては、フォトフェイシャルアクネ、レーザー、ケミカルピーリングが一般的かと思います。

フォトフェイシャルアクネス

一定の波長の光を顔全体に照射する施術方法。顔全体に光を当てるのですが、ニキビ以外の周りの組織に影響を与えることは一切ないため、安心して行える治療方法です。

ほとんど痛みもなく、赤にきびの状態でも施術を行うことができ、すぐにメイクもできる優れものです。

レーザー

レーザーをニキビにあてることで、小さな穴をあける施術方法。

角栓などの余分なものを取り除き、内部を空気に触れさせることで菌の活性を抑えることができ ます。

ケミカルピーリング後に行うと、より効果的だと言います。ただし、多少の熱さやヒリヒリ感があるため、光治療に注目が集まってきているようです。

ケミカルピーリング

薬剤を皮膚に塗布し、古い角質を取り除く施術方法。

ニキビをできにくくしたり、ニキビ跡の赤みを取り除く効果があります。多少のヒリヒリ感はあるようです が、すぐにメイクもでき、エステ感覚な気軽さが人気の理由です。

最近ではダイヤモンドピーリング(ニキビ跡に効果的)なども人気が高いようです。

美容皮膚科での基本的な施術内容をご紹介しましたが、最近は光治療も進化し、LEDを利用したものなど、様々なものがあります。

メニューに合ったニキビの症状というものがありますので、自己判断ではなく、まずは医師に相談してみましょう

ニキビはなぜできる?

ニキビに悩んでいる、治ったものの跡が残ってしまった、など、少しでも悩みをもつ方にこそのぞいていただきたいと思います。

ニキビにもいろいろな種類がありますし、その原因もひとつではありません。

でき始めは白くプクッと膨らんだだけのものですが、それが赤くなったり黄色くなったりしていって、ひどくなると化膿していきます。

ケアを間違えてしまうと、治っても凹凸などの跡が残ってしまうこととなります。

最近では「ニキビは病気です」などといったCMも目にするようになりましたが、そう言われるくらい「正しいケアと早い治療」が大切なのです。

それでは、なぜできるのか。それは、様々な要因が考えられますが、ホルモンバランスが大きく影響していると言えます。

男性と女性では分泌されるホルモンが異なるのですが、過度のストレスや食事の不摂生、睡眠不足、生活習慣の乱れ、運動不足、合わない化粧品の使用やお手入れ方法の間違いなどといった要因によって、男性ホルモンの分泌が過剰になると、皮脂がたくさん分泌され、毛穴が詰まってしまうのです。

これが白ニキビの原因と考えられます。

女性が生理前にニキビに悩まされやすいというのも、これが原因です。生理前という、男性ホルモンに似ている黄体ホルモンがたくさん分泌されるこの時期にニキビができやすくなる女性が多いのです。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まって白ニキビになります。さらに、皮脂はアクネ菌の栄養素ですので、アクネ菌が繁殖して赤にきびや黄ニキビとなってしまうのです

これらのケアがうまくいかないと、最終的に跡となり、一生付き合っていかなければいけない場合もあります。

皮膚の凹凸は化粧でも隠しづらいので、専門医でキレイに治療することをおすすめします。