絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » ニキビ・ニキビ跡 » ケミカルピーリング治療と効果

ケミカルピーリング治療と効果

ここでは、にきび治療に効果的な「ケミカルピーリング」についてご紹介します。

ケミカルピーリングとは?

皮膚表面に酸性の薬剤(フルーツ酸やサリチル酸など)を塗ることで厚くなってしまった角質層を溶かし、新たな細胞の再生を促す治療です。

私たちの肌は本来、内側から押し上げられて自然と剥がれ落ちるものですが、これがうまく機能しなくなると、表面に古い角質が溜まってしまったり、毛穴に汚れが詰まったりします。 それを表面から取り除いて綺麗にしてあげるのが、ケミカルピーリングというわけです。

ケミカルピーリングは欧米でいち早く取り入れられた治療方法で、1990年代に日本でも広く普及するようになりました。ケミカルピーリングに使用する薬剤にはさまざまな種類があり「日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第3版)」によると、サリチル酸やグリコール酸、乳酸、フェノール液などを使用するのが主流だそう。これらの薬品をニキビの状態に合わせて、濃度調整をしながら使用しているのが特徴です。適正な濃度に調整することで肌への負担を最小限に減らし、気になる症状にアプローチしていきます。

主にケミカルピーリングは、次のような流れで行います。洗顔後の清潔な肌に、一人一人の肌質に合わせて薬剤を塗布していきます。そのまま、数分放置して薬剤を洗い流せば完了です。ほとんどのケミカルピーリングは1時間以内で施術が終了するため、気軽に施術を受けることができます。

施術後は角質層が薄くなっていたり剥離していたりする状態なので、保湿を心がけることが大切です。また、角質層が薄い分紫外線の影響を受けやすくなっているので、治療期間中は紫外線対策を行うことも必要です。ケミカルピーリングは、一度では効果を感じにくいですが、治療を続けることで肌質や角質の汚れが改善し、だんだんニキビができにくい状態へと変化していきます。

参考:日本皮膚科学会皮膚科Q&A

参考:美容皮膚科におけるレーザー治療 船坂陽子 平成18年12月19日掲載

参考:品川美容クリニック美容皮フ科 ケミカルピーリング

ピーリングが与えるにきびへの効果

そもそも「大人にきび」というのは、角栓が毛穴をふさいで内部に皮脂が溜まるとできてしまいます。そして、そこにアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こすのです。 ケミカルピーリングは、角栓の元となる“角質層の異常角化”を防いでくれるとともに、詰まった毛穴汚れを溶かして肌表面をまっさらな状態に戻すことができます。

ケミカルピーリングは、皮膚の剥離する段階によって4つのステージに分かれています。ニキビ症状の改善目的では、主に深層部まで到達しない刺激の弱い剥離深達1ステージとステージ2の施術をしていきます。ステージ1は「最浅層ピーリング」と呼ばれており、皮膚の表面にある角質層にアプローチするところが特徴です。

大人ニキビは皮脂などの汚れが毛穴に詰まり、角栓が作られるところから始まります。この角栓を栄養としてアクネ菌が増殖し炎症が起こることで、膨らんだニキビができてしまいます。そこで角質層にアプローチする浅いピーリングをすることで、毛穴をふさいでいる汚れを取り除くことができます。その結果にきびは改善され、同時にニキビの原因となる毛穴の汚れも取り除くことができるため、新しいニキビが生成されにくい状態へと改善することが可能です。

また、赤く腫れてしまう膿を持ったニキビや白い膿のあるニキビも、ステージ1の「最浅層ピーリング」やステージ2の「浅層ピーリング」をすることで、毛穴に詰まった膿の排出を促すことができます。その結果、炎症を抑えて早く治す効果が期待できます。

このように、ケミカルピーリングはニキビの原因となる角栓除去や角化異常、毛穴の炎症など、多様な因子にアプローチすることができます。さらに、ニキビの症状を改善しながら肌のターンオーバーを整えて新しい皮膚の再生を促していくため、肌のくすみやざらつきなども同時に改善でき、肌質自体を改善していくことができます。

参考:日本皮膚科学会皮膚科Q&A

参考:美容皮膚科におけるレーザー治療 船坂陽子 平成18年12月19日掲載

参考:両親媒性物質との分子複合体及びイオン交換体形成を利用する 新規機能性ケミカルピーリング剤の開発 新潟薬科大学薬学部薬剤学研究室 飯村 菜穂子

にきびができる第1ステップである毛穴詰まりを除去でき、新しい肌を生成するターンオーバーが活性化されるのです! 以下に、その効果をまとめました。

  • 白・黒にきびの毛穴詰まりを除去する、取れやすくする
  • 赤にきびになる前に改善する ・初期段階の毛穴詰まりを綺麗にし、にきびになるのを防ぐ
  • 過角化で溜まってしまった角質を取り除いて毛穴を詰まりにくくする
  • ターンオーバーを正常化して過角化を止める

ケミカルピーリングはどんなにきびに効果的?

まだ炎症が起きていない黒にきび、白にきびはもちろん、炎症性のにきびにも効果的です。また、古くなった角質を溶かすことで、にきび予防にもなります。ただ、「にきび跡の改善」には向いていません。

ピーリング頻度はどれくらい?

はじめは、2週間に1度くらいの治療を6回続けます。それぐらい続けると、スタート時にできていたにきびは、だいぶ落ち着いて、新しいニキビもできにくくなっているでしょう。

その後は1ケ月に1度、2ケ月に1度…と徐々に少なくしていき、にきびがほとんどなくなってきたらホームケアを基本にします。

ケミカルピーリングでの効果の出方には、ニキビの重症度や使用する薬剤などによって個人差があると言われています。ピーリングを開始したばかりのころは、毛穴の汚れが改善するため、皮脂の分泌がさかんになります。また、膿をもったニキビは自然と膜が破れるため、膿が排出されやすい状態となります。とくに、ピーリングを始めたばかりのころは、施術後にヒリヒリとした感覚を感じやすいですが、これは角質が剥離されている証拠だそう。しっかりと保湿をすることで、肌への負担を減らすことができます。

その後、回数を重ねてケミカルピーリングを受けることによって、毛穴の汚れが改善し、肌のターンオーバーが活性化されるためニキビができにくい環境が整っていきます。その結果、ニキビができにくくなり新しいニキビができるまでの期間が長くなっていきます。治療開始時には効果を感じることはできなくても、根気よく回数を重ねていくことでだんだん症状が改善していきます。中には、肌質が改善され、突然ニキビが出来なくなるケースもあるそう。回数を重ねても症状が改善しない場合は、使用する薬剤や薬剤の量を調整しながら進めていきます。

参考:日本皮膚科学会皮膚科Q&A

参考:美容皮膚科におけるレーザー治療 船坂陽子 平成18年12月19日掲載

エステのピーリングとの違い

ケミカルピーリングは医療行為なので、本来はクリニックでしかできない治療です。しかしエステサロンで行われているのも事実。その際は、濃度の制限がされています。

日本でケミカルピーリングが広まるにつれて、痛みや腫れといった危害の相談が寄せられるようになりました。そこで厚生省は2000年6月に「ケミカルピーリングは医業に該当する」との発表を行いました。それに伴い、日本皮膚科学会では治療方法のガイドラインを2001年に作成しています。2008年には、3回目の改定を行い、より安全で効果のなる治療を行える指針として活用されています。

このガイドラインの中では、十分な技術を持つ皮膚科専門医または同等の技術や知識を持つ医師の管理下によって行われる施術であると明記されています。このように、ケミカルピーリングは十分な知識と経験のある医師によって行われる行為であると言えます。だからこそ、安全で効果の高い治療を受けることができるようになったのです。

参考:日本皮膚科学会皮膚科Q&A

ほかに大きく違うのは、施術の目的。クリニックではにきびや乾燥、シミ、そばかす、小じわ、色素沈着などの治療に使われ、脚や身体にも施されます。

一方エステでは、肌に透明感を持たせる、肌荒れ表面を整えて化粧ノリを良くするといったような、美容目的で行われます。

当サイトでは、京都でにきび治療がおすすめできるクリニックも紹介しているのでぜひチェックしてくださいね!

ケミカルピーリングの副作用

  • 赤みやほてりが残る
  • ピリピリ、ヒリヒリした感覚
  • 一時的に乾燥しやすくなる
  • 色素沈着の可能性

ケミカルピーリングを行った後は、赤みやほてり、熱感が残ることがありますが、いずれも一時的ですぐに治まります。ただし、改善されるまでに時間がかかる場合もあり、ダウンタイムが長いと感じられることもあるでしょう。また、施術中からピリピリ、ヒリヒリした感覚があるケースもありますが、こちらも一時的な症状で自然と改善していきます。

施術が行われた後は一時的にお肌が弱くなり、乾燥を招きやすくなるので、入念に保湿を行うようにしてください。また、施術後は色素沈着しやすい状態になっているため、紫外線対策をしっかりとして、肌を強く擦らないように注意しましょう。

ケミカルピーリングの治療費用の目安

全顔1回:4,000~15,000円前後

ケミカルピーリングには様々な種類がありますが、ニキビ痕治療に効果的なグリコール酸でのピーリングで上記の価格となります。クリニックによって価格に幅がありますが、治療費用が高額になっているクリニックでは、ケミカルピーリングに加えて他の施術がセットになっていることも多いようです。

ニキビ跡に十分な効果が発揮されるには、2~3週間の頻度で、合計6~8回程度の施術を行うことが効果的だとされています。比較的回数が必要となる施術方法なので、100%の効果が発揮されるまでの合計金額を考えると、なるべく1回の施術費用がリーズナブルなクリニックを選びたいものです。

ニキビ・ニキビ跡治療で評判のクリニックをチェック!