絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 美容皮膚科で治せるお悩みと治療効果をリサーチ! » たるみ » ヒアルロン酸注入の効果

ヒアルロン酸注入の効果

ここではたるみ治療に用いられる「ヒアルロン酸注入」について、効果に加えてメリットやデメリット、費用、ダウンタイム、他の治療法との比較などを詳しくご紹介いたします。

ヒアルロン酸注入とは?

化粧水などの成分にも使われることの多いヒアルロン酸は、皮膚の真皮と呼ばれる層の中に水とともにゲル状の基質として存在しています。普段の化粧水や美容液などによるスキンケアでは、水分補給ができるのは肌の角質層まで。水より分子量が大きいヒアルロン酸は、肌に直接つけるだけでは真皮までは届きません。

そこで、真皮性のしわやたるみへの治療で用いられるのが、肌が陥凹した場所に直接ヒアルロンを注入する治療法です。

真皮の基質のビアルロン酸が水分を有し, みずみずしい皮膚の張りを保っているが,だからといって皮膚の外から水分を与えても真皮までは届かない.化粧水や乳液,クリームの目的はほとんど保湿にあると言 えるが,保湿成分が浸透するのはあくまで角層までである.水より分子量の大きなコラーゲン,ヒアルロン酸は保湿剤としてはすぐれているものの,当然,真皮まで届くことはない.

出典:(PDF)「赤ちゃんのようなシワがない肌を保つことはできるのか?--シワの発生とその治療--」順天堂医学,52(3),2006 [PDF]

ヒアルロン酸注入でたるみ改善ができる場所は、まぶたや目の下、頬などです。また、目じわやほうれい線などなどシワが気になる場所にもおすすめと言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入のたるみへの効果

ヒアルロン酸注入は、水分量などの低下により、シワやたるみのような陥凹した場所ができてしまった場合に、減った分を充填するという目的で行われる治療方法です。同様の治療法としてはコラーゲン注入があります。

そもそもたるみは、シワが深くなり、皮膚が余った状態になってしまって引き起こされる現象です。そのため、たるみ解消・予防には、お肌のハリを取り戻すシワ対策が何よりも稚拙です、一度たるみが生じてしまえば、場所によっては余剰な皮膚を切除するしか対策がない場合も。そうなる前に、ヒアルロン酸注入で、たるみ予防ができる、というのも一つのヒアルロン酸注入の効果と言えるでしょう。

シワをその深 さによって表皮性 のいわゆる小ジワ,真皮性のシワ,たるみに分類すると,表皮性のシワは保湿で対処すべきものであり,たるみは余剰皮膚を切除するしかない一方で,真皮性のシワに対する治療 方法は近年急速に発達しており美容皮膚科的には主たる治療対象となる.真皮性のシワは,主に光老化に よって真皮のコラーゲン線維,弾性線維が変性することによって生じる.

出典:(PDF)「赤ちゃんのようなシワがない肌を保つことはできるのか?--シワの発生とその治療--」順天堂医学,52(3),2006 [PDF]

ヒアルロン酸注入のメリット

ヒアルロン酸注入のメリットは、何と言っても皮膚を切開せずに治療ができるため、気軽にたるみ治療が受けられるという点です。ダウンタイムもメスで切開するものよりも短くすみます。治療費という点でも、手術と違って低額で受けられる点も魅力です。また、ピンポイントでたるみがきになる部分にヒアルロン酸を注入できるのも大きなメリットでしょう。

ヒアルロン酸製剤が美容外科の治療に用いられるようになり、2000年以降はアレルギー反応も少なくなっていると言われています。そのため、比較的安心して治療ができるようになりました。

ヒアルロン酸製剤が 1998 年より臨床応用が報告され, 現在では広くしわや陥凹の治療に用いられている 5), 6) 。初期のヒアルロン酸製剤はアレルギー反応を起こすことがあったが 2000 年以降の製品からは希であるため,皮内テストが不必要とされ現在の注入治療では最も多く使用されている。皮膚の成分として 0.2%程度含まれているので,注入後少し硬さと凸を感じる場合がある。また 皮膚の浅い層に注入すると,青い凸に見える現象が出現 することがある。

出典:(PDF)「美容外科的しわ治療最新情報」日本香粧品学会誌,37(1),2013 [PDF]

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリットは、簡単に治療が受けられる反面、医師の技量に左右されやすい点が挙げられます。

ヒアルロン酸の注入量や注入する場所を見極める技量や均一に注入するための技術を持った医師でなければ、凹凸が大きくなり、かえって目の下のたるみなどが気になってしまうことも。また、ヒアルロン酸を注入しすぎれば、ヒアルロン酸の重みでたるみが生じてしまうこともありえます。

くわえて、皮膚の浅い層にヒアルロン酸注入をすると皮膚が青く見えてしまうこともありますので、目の下などに注入すると青クマのようになることもあります。

また、ヒアルロン酸注入は、即効性がある反面、繰り返し注入する必要がある点もデメリットです。

安全性も高く、副作用などのリスクが少ない、手軽にできるなどメリットがある反面、こうしたデメリットがある点も理解しておきましょう。

デメリットを克服するには、きちんとした技術や経験を持つドクターがいる美容皮膚クリニックを見るけることが何よりも大切です。

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

ヒアルロン酸注入のダウンタイムは非常に短く、注入後肌の硬さなどを感じますが、水分を吸収し、皮膚になじむことで2週間から1か月ほどで気にならなくなります。

まれに注入時に針が血管に触れ、内出血することもありますが、こちらも1、2週間ほどで気にならなくなります。

基本的に、ヒアルロン酸注入をした直後からメイクは可能です。内出血や腫れが出る場合もありますので、心配な方はおやすみ前などに施術を受けるようにすると安心です。

ヒアルロン酸注入の費用

ヒアルロン酸注入にかかる費用はクリニックにもよりますが、頬のたるみの場合数万円から20万円程度。まぶたのたるみ治療では5万円〜が相場のようです。

ヒアルロン酸注入とその他の施術との比較

ヒアルロン酸注入と比較されることが多いのが、コラーゲン注入やボツリヌストキシンの注入 (ボトックス注射)です。コラーゲン注入は、注入するコラーゲンのタイプにもよりますが、人の皮膚に含まれている成分に近い成分を使っていることから仕上がりが非常に自然です。しかしながら、効果の持続期間はヒアルロン酸と同じく数ヶ月~1年程度。何度も注入する必要があります。

同じく注入して治療を行う美容治療としてあげられるのが、ボツリヌストキシン注入です。ボツリヌストキシン注入は、しわ治療に用いられる治療方法ですが、これは神経と筋肉をつなぐ部分を麻痺させて上場金の動きを抑えることでしわ・たるみ治療を行う方法で、ヒアルロン酸やコラーゲン注入とは原理が全く異なります。

表情筋の動きを制限することにより,しわの治療に用いるものとして,ボツリヌストキシン製剤がある 7)。これは 1989 年に Allergan 社が初めて FDA(米国厚生労働省)の認可を受けて販売が開始された。神経と筋肉の接合部の刺激伝達を遮断することにより効果がでるが,3~6 カ月で周囲の神経がまた筋肉に入り込み,筋肉の動きが再開する。

出典:(PDF)「美容外科的しわ治療最新情報」日本香粧品学会誌,37(1),2013 [PDF]