絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 知ってる人がトクをする!美容皮膚科で賢く綺麗にスキンケア » 気になるたるみ、ケアするには?

気になるたるみ、ケアするには?

美容皮膚科でたるみ解消の施術を受ける!

一番手っ取り早い方法として、美容皮膚科でたるみ解消の施術を受けることでしょう。高周波の熱作用でコラーゲン繊維を収縮させることでたるんだ皮膚を引き締めてくれるのです。

ダウンタイムは?

最近の美容業界の機器も、かなり進化していてダウンタイムも痛みや熱を大幅に軽減されています。以前は痛みがひどくて外に出られなくなるなども当たり前でしたが、技術は常に進歩し続けているので、ダウンタイムの軽減だけではなく、メイクも施術直後から行えるものもあります。もちろんすべての施術がメイク可能というわけではないので、気をつけましょう。施術を受けた美容皮膚科できちんと説明を受けて、メイクなどを行うようにしてください。

料金は?

顔全体のたるみを引き締めるための費用として、11万円程度が相場と言われています。これは美容皮膚科によって費用は変わってくるので、あくまでも目安程度で考えましょう。大体400ショットで1回分とされているようです。美容皮膚科が取り扱う機器によって、多少の差は出てくるのでこちらも目安程度に考えて下さい。

施術を受ける頻度は?

施術を受ける頻度として、施術方法でも変わってきますが1年に1回で問題ない場合もありますが、1年に2回受けるとかなり高い効果を得られると言われています。ただ費用もかかりますし、ダウンタイムがほぼ問題ないとは言っても、やはり個人差で痛みなどが出る人もいます。そういった面を考えると、なかなか気軽に施術を受けられない人もいるのではないでしょうか。

日常生活の中でもたるみ防止に努めよう

美容皮膚科でのたるみ改善施術だけではなく、日常生活に気をつけるだけでたるみ防止に繋がることは知っていますか? 誰でも出来ることなので、ぜひ実践していきましょう。

紫外線対策はしっかり

紫外線は夏場だけではなく、1年中降り注ぐものです。窓ガラスも透過して真皮層にも届きます。そのため、日差しが強い時期だけではなく、1年中通して日焼け止めやUVカット効果のあるファンデーションなどを使用することが大切です。それだけではなく、保湿中心のスキンケアを心がけましょう。乾燥によって、小じわやほうれい線が目立つようになり、肌のたるみも招いてしまいます。

バランスの良い食事を心がける

バランスの良くない食生活を続けると、細胞に栄養が行きわたらず、肌のハリが失われてしまいます。ハリがなくなるということは、肌がたるんでしまうことです。大豆イソフラボンやアミノ酸、ビタミンやミネラルをしっかり摂取して、バランスの良い栄養を身体中に行きわたらせるようにしましょう。ポリフェノールも肌の酸化を防ぐ抗酸化物質なので、肌のたるみ予防にピッタリです。

良質な睡眠を取ること

睡眠不足によって、新しい肌に生まれ変わるターンオーバーがきちんとされなくなります。ターンオーバーのリズムが乱れると、肌のたるみやくすみ、しわ、乾燥など老けて見えるような肌トラブルが続出します。眠りの質を良くするために就寝の3時間前に食事を終えて、入浴で身体を温めましょう。照明を落として、自然な眠りに入れるように工夫をしてください。

エクササイズでたるみを改善しよう

食生活と一緒に続けていきたいのが、エクササイズです。表情筋の衰えによって、顔のたるみに繋がることがあります。そのため、エクササイズで表情筋を鍛えて、たるみ防止に努めましょう。

表情筋のエクササイズ

口を大きく動かしながら「あ・え・い・お・う」と発音をしましょう。発音した状態で数秒間そのまま表情をキープしましょう。特別な道具などは何も必要ないので、朝や夜など時間のある時に軽く行えるエクササイズです。定期的に行うことで大頬筋が鍛えられるので、肌がたるみにくくなります。

箸を使ったエクササイズ

箸を咥えて上下の唇をつけたまま、唇を横に引きましょう。そのまま数秒キープして、唇をつけたまま微笑み、再び数秒キープしてください。頬がつるような感覚になる場合、大頬筋が衰えている可能性があります。箸以外にも表情筋を鍛えるグッズがあるので、それらを使ってみてもいいのですが、費用をかけずに行いたい場合は自宅にある箸で十分効果は得られるでしょう。

リンパマッサージ

顔のマッサージを行い、水分や老廃物を排出することで肌のたるみを防ぐことができます。クリームなどをたっぷりと塗った後、目の周りや頬、口周辺、おでこなどを優しくマッサージしましょう。ここでクリームなどを塗らずにマッサージをしてしまうと、強すぎる摩擦力で逆に肌トラブルを招くことになるので、きちんと肌の滑りを良くするためにクリーム、もしくはジェルを塗ってから行ってください。

サプリメントで足りない栄養を補給しよう

肌のたるみなどは、栄養不足から来る場合もあります。睡眠などもきちんととっている場合、栄養不足で肌がたるんでいる可能性が高いです。しかし、日常的にバランスの良い食事を摂るのは難しい人もいます。そういう人は、ドラッグストアなどで販売されているサプリメントで栄養を補給しましょう。

たんぱく質の不足には気をつけよう

アミノ酸不足になると、肌がシワシワになります。身体は正直ですから、不足しているとなれば肌トラブルとしてすぐ表に出てきます。シワシワの肌にならないためにも、たんぱく質はきちんと摂取しましょう。たんぱく質によってアミノ酸不足でも、そこまでシワシワになりません。もちろん、アミノ酸も日頃から摂取するようにした方がいいですが、それ以上にたんぱく質不足には気をつけてください。

なるべく野菜に含まれている成分を摂取しよう

日常生活の中で、野菜を食べる機会が少ない人もいます。最近は野菜の栄養素も落ちているという話もあるため、きちんと食べている人でさえ野菜の栄養素が不足しがちなのです。まったく野菜を食べていない人は、野菜に含まれているビタミンAやビタミンC、食物繊維など積極的に摂取するようにしましょう。

コラーゲンドリンクは効果がある?

栄養は口から摂取しても、そのすべてが皮膚に行きわたるわけではありません。しかし、コラーゲンドリンクなどサプリメントドリンクを飲むことで、効果を実感出来る人は多いでしょう。ドリンクを飲んで肌がプルプルになった、ハリが出てきたと感じる人は、普段から栄養が不足しがちの人です。他のサプリメントを摂取しながら、コラーゲンドリンクなども飲むことで、更に肌に栄養が行きわたり、たるみ防止に繋がります。

肌のたるみケアは、美容皮膚科で行う施術だけではなく、日常的に気をつけることも出来ます。美容皮膚科に行く場合、自己ケアではどうしようも出来なくなった場合や、急ぎでたるみをなんとかしたい場合でしょう。しかし、美容皮膚科にて施術をしてもらうと費用などもかかるため、日常生活の中で気をつけて行くことをオススメします。難しいことではなく、生活の中でひと手間を加えるだけなので、面倒くさがらずにたるみ予防をして行きましょう。