絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 知ってる人がトクをする!美容皮膚科で賢く綺麗にスキンケア » 出来てしまったシミ、どうすればいい?

出来てしまったシミ、どうすればいい?

ここでは、出来てしまったシミをきれいにするための具体的な方法について、くわしく解説していきます。

美白化粧品でシミにアプローチ

出来てしまったシミをきれいにするには、美白化粧品を使うのが最初の一手。

「シミを取りたい」「美白したい」という場合には、メラニン色素を生成するメラノサイトを抑えることが重要となります。

以下に厚生労働省が認めた、メラノサイト抑制に効果的のある美白成分でよく使われているものを挙げてみました。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ルシノール
  • t‐AMCHA(t‐シクロアミノ酸誘導体)
  • エラグ酸
  • リノール酸

シミへのアプローチの第一ステップとして、まずは美白成分の含まれた化粧品を使ってみましょう。

クリニック処方の外用・内服薬も効果的!

美白化粧品で改善がみられる場合もありますが、あまり変化がみられなかった…という方も多いかもしれません。その場合は、クリニックで処方される薬の使用してみましょう。

クリニックでは、「ハイドロキノン」という美白剤やメラニン生成を元から抑制する「ルミキシルペプチド」という成分の含まれた外用薬が一般的。

内服薬では、メラニン生成を抑えるビタミンCが配合された「シナール」や肝斑の治療にも使用されるトラネキサム酸が配合されている「トランサミン」などがあります。

処方される薬はクリニックによって異なるので、まずは医師によく相談してみましょう。美白化粧品よりもクリニックで処方される外用剤や内服薬のほうがシミへの、シミの改善を実感しやすいはずですよ。

それでもダメなら美容皮膚科で手っ取り早くきれいに!

美白化粧品を使った日頃のケアやクリニック処方の薬でも改善がみられなかったときは、ぜひ美容皮膚科を訪れてみましょう。美容皮膚科のシミ治療なら、短期間で効果的な治療が可能!

飲み薬や塗り薬もありますが、美容皮膚科では点滴やマシン(レーザーやフォトフェイシャルなど)による施術を受けられます。

レーザーはさまざまな種類がありますが、いずれも“シミをかさぶたにして取る”というアプローチで施術を実施。個人差がありますが、だいたい1~2回程の施術できれいになるそうです。

一方フォトフェイシャルは、いわゆる光治療。光の種類が幅広く出力されるので、肌のハリや赤ら顔の改善など、シミ以外の効果が期待できる特徴が。レーザーに比べるとシミへのアプローチが低いため、基本的にレーザー治療よりも施術回数が増えてしまいます。

より早く、効率的にシミを消したいという方には、美容皮膚科がおすすめです!

京都でおすすめの美容皮膚科をチェックする>>