絶対キレイになれる♪
京都の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

美容皮膚科5選
TOP » 知ってる人がトクをする!美容皮膚科で賢く綺麗にスキンケア » 皮膚科と美容皮膚科どう使い分ける?

皮膚科と美容皮膚科どう使い分ける?

ここでは、皮膚科と美容皮膚科の違いについて、解説しています。どちらを受診すればいいの…?と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

皮膚科と美容皮膚科の違い

ひとくちに皮膚科と言っても、「一般皮膚科」と「美容皮膚科」があります。この2つが一体どのように違うのかわからないといった方も多いでしょう。ここでは、その違いについてわかりやすく紹介します。

方針の違い

一般皮膚科は「皮膚の病気を治療」することを目的にしており、保険の治療範囲内での改善を目指しています。

主に保険適用内の治療で治せる疾患を扱っているので、湿疹やじんましん、水虫などといったような一般的な皮膚病で訪れる患者さんが多いのが特徴的です。治すことが目的のため、治療後のお肌が綺麗になるかは一般皮膚科の範囲外となります。

一方、美容皮膚科の目的は「肌を綺麗にする」といった美容目的の治療がメイン。疾患というより、美容の側面が強い症状についての治療を行ないます。

たとえば、シミやしわ、たるみ、毛穴など女性が気になるお肌の見た目年齢…。美容皮膚科は治療しなくても生活に支障はきたさないような、プラスαとしての治療を実施しています。

若返りなやアンチエイジング、ニキビやニキビ痕の悩みで訪れる患者さんが多いのが特徴的です。美肌にくわしい専門の医師が、患者さんのコンプレックスや肌悩みに対して、最先端の医療機器・治療法でアプローチしてくれます。

治療費の負担額の違い

一般皮膚科で行う治療は基本的には健康保険が適用されるため、自己負担が少なくて済むのが特徴です。これに対して、美容皮膚科は病気を治すことが目的ではなく美容目的なので、保険適応が難しく全額自己負担になる場合も。そのため、一般皮膚科での治療より高額になってしまいます。

また、美容皮膚科は自由診療なので、クリニックにより治療内容によって設定金額が大きく変わるのも特徴的と言えます。

治療範囲の違い

一般皮膚科は基本的に皮膚の異常がある場合に治療を行いますが、美容皮膚科は皮膚病ではないお肌のトラブルを治療します。また、美容皮膚科は脱毛をすることも可能なため、皮膚科やエステよりは高度な専門的な美容を目的とした治療ができ、美容外科よりはお手軽の治療ができるといったイメージを持ってもらえるとわかりやすいでしょう。

皮膚科と美容皮膚科では治療範囲が異なり(美容皮膚科の方が幅広い治療に対応)、同じ皮膚トラブルでも違ったアプローチの仕方で治療することも少なくありません。

自分がどのような仕上がりを目指しているのかでどちらを選ぶか決めてみると良いでしょう。ここでは、例を1つだして、具体的にどのように治療が異なるのか紹介していきます。

たとえばニキビ治療はどう違う…?

一般皮膚科のニキビ治療では、「塗り薬・飲み薬」がメインになります。
一方美容皮膚科では、「ケミカルピーリングやレーザー」「イオン導入」「注射」など幅広い選択肢から最も適した治療を組み合わせ、多面的にアプローチ。

電気治療や高周波などを使い、ニキビを根本から解消できる画期的な治療法もあるので、短期間でかつ綺麗なお肌を目指す方には美容皮膚科がおすすめです。

また、特にニキビ痕に関しては保険診療の範囲では選択肢が少ないのが現状。フォト治療やフラクショナルレーザーなど保険外の治療を扱っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

最先端の医療機器で改善できる美容皮膚科が効率的!

美容皮膚科は保険診療外の治療も幅広く対応しており“美容”という面で専門性も高いので、水虫・湿疹・じんましんといった一般の皮膚病でなければ、美容皮膚科へ通った方が良いでしょう。

患者の目的に応じて、最先端の医療機器や治療で肌トラブルや悩みを改善していく美容皮膚科の方が、より早く美肌になれると言えます。中でも、アンチエイジングしたい方は美容皮膚科がおすすめです。

しわやたるみ治療に人気のヒアルロン酸注入やボトックス注射が手軽に受けられるのが、美容皮膚科の魅力的なポイントのひとつ。担当してくれる先生も美容医療に関する知識や技術、経験数が優れていることも多いので、1人で悩まず相談してみると良いですよ。

美容皮膚科では、カウンセリングのみの来院を受け付けているところも多いので、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか?クリニックによっては得意な治療が異なることが多く、それぞれのクリニックで先生の治療方針も違うためカウンセリングに行って先生と実際にお話を聞くことをおすすめします。

先生と実際に話をして、信頼できそうだなと思ってから治療をするのか決めてもいいですね。最近では、一般皮膚科と美容皮膚科の両方を行うクリニックが増えています。一般皮膚科と美容皮膚科を別々で訪れる必要もなくなり、1度の来院で肌のトラブルや悩みが完結。美容皮膚科に行く勇気がない方は、最初は皮膚科・美容皮膚科の両方を扱っているクリニックを選んでみてはいかがでしょうか。

京都でおすすめの美容皮膚科をチェックする>>