女性
リボン

絶対キレイになれる♪
京都市の美容皮膚科を
徹底リサーチしました!

京都のおすすめ美容皮膚科5選
京都で探す 美容皮膚科ガイド TOP » 知ってる人がトクをする!美容皮膚科で賢く綺麗にスキンケア » 大人ニキビの洗顔方法のポイントとは?

公開日: |最終更新日時:

大人ニキビの洗顔方法のポイントとは?

ストレスや疲れがたまるとぽつぽつと出てくる大人ニキビ。10代の思春期にできていたニキビとは違い、治りにくく頬や顎、首などのフェイスラインにできやすいのが特徴です。ここでは、大人ニキビの洗顔方法のポイントについて、くわしく解説していきます。

大人ニキビの原因

大人ニキビができてしまうのは、大きく分けて「ターオーバーの乱れ」と「皮膚への刺激」が原因です。2つの原因についてくわしく解説していきます。

ターンオーバーの乱れ

皮膚細胞の生成⇒成長⇒排出のサイクルを肌のターンオーバーといいます。肌のターンオーバーが乱れると、乾燥などから毛穴の出口が詰まりやすくなり、かつ肌のバリア機能も低下し、少しの刺激でも肌荒れや肌トラブルを起こしやすくなります。こうして大人ニキビができてしまうのです。

ターンオーバーの乱れの原因には、ストレスや寝不足、疲労、食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、体の冷え、便秘、喫煙などさまざまなものがあります。

皮膚への刺激

皮膚への刺激も肌の乾燥や炎症を引き起こし、大人ニキビの原因となります。皮膚への刺激は誤った洗顔やスキンケア・摩擦・紫外線・メイク・乾燥や温度差など、さまざまなものがあげられます。パーツごとに見ていくと、おでこやフェイスラインは髪の毛がふれることから刺激を受けやすい場所です。胃腸の疲れがあらわれやすく、食べ物や飲み物で刺激を受けやすい口の周りも大人ニキビができやすい場所といえます。

大人ニキビに適した洗顔方法

大人ニキビの改善方法で簡単にできるのが、洗顔方法を見直すことです。ここでは、大人ニキビに適した洗顔方法を紹介します。

洗顔前に手を洗った後ぬるま湯で顔を洗う

洗顔するときには、顔を濡らしてすぐに洗顔料や石鹸を使用するのではなく、きれいに手を洗った後、ぬるま湯でていねいに顔を洗いましょう。できれば30回以上洗うのがおすすめです。ぬるま湯で洗顔料や石鹸を使用する前にしっかり洗うことで、肌が柔らかくなり、汚れも落としやすくなります。

泡立てネット等を使って洗顔料を泡立てる

泡立てネット等を使って洗顔料を泡立てることも重要です。もちもちとしたきめ細かい泡をつくることで、泡に汚れを吸着させ皮膚に刺激をあまり与えずしっかり洗うことができます。くれぐれも顔の上に直接、洗顔料や石鹸をのせ、泡立てないようにしましょう。刺激が強すぎて乾燥してしまいます。

気になる部分から泡をのせて洗う

皮脂や汚れの特に気になる部分から泡をのせて洗っていきましょう。逆にあまり汚れが気にならない箇所や乾燥が気になる箇所は泡をのせる時間を短くし、さっと洗うのがおすすめです。

ぬるま湯で丁寧に流す

洗顔料や石鹸が顔に残ってしまうと、ニキビの原因になります。泡が生え際などに残らないよう、30回以上、丁寧に洗い流します。このとき、熱いお湯を使うと洗い上がりの肌が乾燥してしまうので、必ずぬるま湯で洗い流します。

京都でニキビ跡治療が評判の
美容皮膚科をチェックする

洗顔を入念に行っても改善されない場合

大人ニキビの症状がおさまらない場合は、カウンセリングもかねて美容皮膚科に行くのもひとつの手です。皮膚の専門家に診てもらうと、自分では気が付かなかった原因がわかったり、症状を短期間で改善できたりすることもあります。しつこい大人ニキビに悩まされている方はぜひ美容皮膚科を訪れてみましょう。

京都でおすすめの美容皮膚科をチェックする>>